So-net無料ブログ作成

トースター比較・ランキング

パン好きの方には是非、トースターをご検討されてはいかがでしょうか。
トースターが違うだけで、こんなに美味しくパンが食べれるのかと感動する方も多いでしょう。
それは買ってからのお楽しみです。今では、パンくずトレイがついていたり、網をとりだせたりと、お手入れが簡単にできる商品も多いです。
見た目もおしゃれなものが多く、パン以外にもピザやグラタンなど、料理のレパートリーも増え、楽しくなるはずですよ。Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。




トースターはパンだけではなく、ピザやグラタンを食べる時にも使えます。電子レンジでは味わえない料理の楽しさがあります。
以前は温度設定ができないトースターが多かったのですが、今では温め機能や、温度設定ができるものがあり、焦げないように使うことができます。クロワッサンやデニッシュなど焦げることが多かったものも焦げずにすみます。
天板がついているものもあり、ロールケーキをつくることができます。そして、網のとりはずしができたり、パンくずが落ちないように工夫されているものが多いので、お手入れが楽だというところもポイントです。昔のトースターではそんな便利機能もなかったと驚かれる方も多いと思います。
あとはなんといっても焼きあがりが大事ですよね。こんがりと焼けるといつも食べていたパンも、いつも以上に美味しく食べることができますよ。
一度、これを機にトースターをご検討されてはいかがでしょうか。パンを焼くだけではなく、料理もきっと楽しくなりますよ。


~トースターの補足~

パンづくりについての質問をまとめてみました。
「今日お友達の家に行ってパンを作りました。私のパンは手でこねました。お友達は機械を使いパンをこねました。発酵するときはハッポースチロールの中に同じように発酵しました。ところが焼きあがった私のパンは中がパサパサしました。お友達のパンはフワフワとてもおいしいです。これは私のこね方に問題あるんですよね。やっぱり機械を使ってこねないと手でこねる場合もっと時間が必要なんですか?」
「粉の量によるかもしれませんが、私の本には25分~30分と書いてあります。(油脂抜き15分→油脂入れて15分) グルテンチェックして大丈夫なら大丈夫かもしれません。あとはこね上げ温度が低すぎるとふわふわにならないそうです。」「こね上げは時間よりも生地の状態で見た方がいいと思います。こね上がるまでの時間は、手の温度や力の強さでも変わるので、人によって違います。」
「イースト多すぎで塩が足りないからブリブリの生地になって、焼き上がりがパサつくのでは?捏ね的には水100g=卵100gではないので別に管理した方が良いと思います。薄力粉4分の1は手捏ねでは大変じゃないですか?引きの弱い生地を作るつもりだったとしても1割くらいでも十分な効果があると思います。あと基本的には菓子パン生地だから砂糖少ないように思いますが、お店では倍入れています。砂糖は生地をしっとりさせる効果があるそうです。」



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。